img20221118214744408698.png f-pegqf6.jpg 7ctzmibm.jpg

アイルランド
音楽
名盤ガイド

 
 
 
 


アイルランド音楽をストリーミングで聴く人のために
歴史的な名盤をガイドブックにまとめました


 
第1弾は、ポール・ブレイディの1978年の名盤
『Welcome Here Kind Stranger』
現在はシンガーソングライターして知られるポール・ブレイディの
デビュー作にして、唯一の伝統音楽のアルバムです。
英国メロディーメイカー誌は、この作品を
この年のベスト・フォーク・アルバムに選出しました。
 
  • 01
  • WELCOME HERE KIND STRANGER / PAUL BRADY

ポール・ブレイディの78年発表の名作

アイルランド音楽史に残る最重要作の1枚。 ギターやマンドリン、ウィッスル等を多重録音する 演奏者としての卓越した技術と、 モダンな感覚をにじませつつも土臭い、 伝統音楽特有のコブシ回し。 すべてが超一流とよぶにふさわしい鉄壁さだ。10/10
(松山晋也 MUSIC MAGAZINEレビューより)

Part 1 
The Album

松山晋也さんによる詳細なライナーノーツ(2011年執筆)、歌詞、ポールによる楽曲解説、それぞれの対訳(訳は五十嵐正さん)を初めて掲載。ポールも魅了された不思議な伝統音楽の世界を堪能ください。

Part 2
Lakes of Pontchartrain

ディランをはじめ多くの人にカバーされている名曲の背景をさぐります。HEATWAVEの山口洋さんによる書き下ろし物語「ポーチャントレインのほとりで」、都倉軽視さんによる漫画、ポールの公式ギターTAB譜と、五十嵐正さんによるポールのギター奏法に関するインタビューも掲載。

Part 3
In Japan

石田昌隆さんによるMUSIC MAGAZINEに掲載された「音楽の発火点」。掲載当時は1点、しかもモノクロで発表されていたものをカラーでご紹介。かつ当時の撮影セッションから他の写真も数点ご提供いただきました。写真家:藤岡直樹さんからは、来日時に恵比寿のフォトスタジオで撮影した写真をご提供いただき、撮影時に関するエッセイも執筆いただきました。そのほか、松山晋也さんによる来日時のインタビューや、天辰保文さん、五十嵐正さん、松山晋也さんの感動のライブレビュー。加えてポールが来日時に書いたツアーブログ「日本に戻ってきた」も掲載しています。

 

Photo by Naoki Fujioka

From the book

 
ポール・ブレイディがヴァン・モリスンと並び、アイルランド最高のシンガー・ソングライターの一人である、と断言することにためらいはない。
 
作詞・作曲の才能、歌手としての表現力、ギタリストとしての技量、キャリアの長さと市場実績……どれをとっても彼を凌ぐシンガー・ソングライターはアイルランドにはほとんど見当たらないはずだ。(松山晋也)
 

 
歌はどうやって強くなっていくのだろう? ポール・ブレイディの歌声がまだ耳元に残り、静けさがそこで屹立したような余韻を抱きながら、脳裏によぎったのはこんな難題だった。
 
… ありとあらゆる情報があふれる世の中だ。そこで歌が余分なものをそぎ落とし、奇妙な言い方だが、歌となるためだけの術というか、力を身に着けていく。それがいかに困難で価値あることなのか。この日ほど、束の間の至福とともに実感した事はない。
 
彼の場合は、流行になびかず、時代におもねることもなく、自らと向き合うことで、それがもたらされた。
 
むろん、それがどれほど過酷な旅だったかは言うに及ばない。彼の歌に貫かれている強さも、大きさも、そこから来ているのだ。(天辰保文)
 

 
音楽とは、旅であり、出会いであるのだと、原点を見た思いがしたのだった。(石田昌隆)

 

 
陽に焼かれ寒風にさらされ、芽吹きと落葉を繰り返し、強靭で大きな姿になっていった樹のある風景。
 
その上陽光は柔らかで、樹々の葉は風にそよぎ、その陽光をきらめかせる、優しさに包まれた光景。写真から少し気付いてもらえると嬉しいのだが。(藤岡直樹「ポール・ブレイディ撮影のこと」)
 

 
だから、またさすらうことにする。あの娘を忘れることはできないけれど、永遠に遠く離れていることが、ほんとうに意味でふたりを近づけることがわかったから。(山口洋 Story 「ポーチャントレインのほとりで」より)
 

 
彼らの反応は理屈抜きで、まったく人間らしく、直感的だ。その反応が返ってくるとき、確かにそして紛れもなく返ってくるのだが、僕は他の場所ではやったこともないふうに自分自身と向かい合う。
 
もっと人間らしく、はるか昔から存在する精神に声を与える基本的な個体のように感じることになる。(ポール・ブレイディ「日本に帰ってきた」より)
 

 
楽屋に着くと「How are you doing?」と言いながら、ディランはポールを迎え入れて「ほら、お前がやってる<Arthur McBride>と<Lakes of Ponchartrain>、あれはいったいどうやって弾くんだ?」とポールに尋ねた。
 
「まずはチューニングを変えるんですよ」とポール。(「その後のポール・ブレイディ」より)
 

img20221119211008269580.png img_4932.jpg img_4938.jpg img_4933.jpg img_4935.jpg img_4937.jpg
 
 

アイルランド音楽名盤ガイドVol.1
Paul Brady
Welcome Here Kind Stranger

 

  • 出版社 ‏ : ‎ THE MP BOOKS
  • 発売日 ‏ : ‎ 2022/11/27
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 128ページ
  • オールカラー
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4991277917
  • サイズ ‏ : ‎ A5、148 mm x 210 mm 
  • ホームぺージ特別価格:2,000円(税別・送料込み)
  • 通販に関する詳細はこちらをご覧ください
  • 郵便局のクリックポストにてお送りいたします。

 

  • 02
  • 2023年秋 発売予定

 
 

  • 03
  • 2024年秋 発売予定

 
 

■一般書店での発売は予定しておりません。小売店様で取引を希望される方は、こちらまでご連絡ください。