ライコー・フェリックス

bg-lang-1200x800.jpg

b_simple_130_0M.png

6月15日チケット発売
2018年11月8日(木)18:30開場 / 19:00開演
『禁断のヴァイオリニスト × 地を這う前衛』
ライコー・フェリックス × 田中泯
豊洲シビックセンターホール

<チケット>
前売 4,500円(全席指定)
お申し込み順に前方/真ん中を優先的にご案内いたします。

<チケット取扱>
83X83N838A815B839383V838783b83g202018-03-152022.24.43.png
当ホームページ初めての方はこちらをまずお読みください。

<出演>
ライコー・フェリックス(ヴァイオリン)、田中泯(ダンス)

<共催>
江東区文化コミュニティ財団 江東区豊洲文化センター


会場情報
 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅7番出口より徒歩1分
 新交通ゆりかもめ「豊洲」駅改札フロア直結
 〒135-0061 東京都江東区豊洲2丁目2番18号 5階
 TEL:03-3536-5061(9:00〜21:00・第2・4月曜日休館)

id50_563.jpg

座席表はこちら

b_simple_130_0M.png

ライコー・フェリックス プロフィール

1974年、セルビア(旧ユーゴスラビア)生まれ。ハンガリー人のヴァイオリニスト/ツィテラ奏者/作曲家。10歳からハンガリーのチター(ツィテラ)を演奏し、12歳よりヴァイオリンを演奏。情熱的なインプロビゼーションが特徴で、その演奏はジャズ、ジプシー、クラシック、ワールドミュージックなどすべてのジャンルを超越している。演奏はソロ、デュオ、トリオ、バンド形式の他、オーケストラや馬との共演も実現。俳優としても『Delta』(2008)に主演し、この作品はカンヌ映画祭コンペティション部門に出品され同国際批評家連盟賞受賞。

*ハンガリー人なのでライコーがファミリーネーム、フェリックスがファーストネームになります。

田中泯(たなか みん) プロフィール

1945年生まれ。東京都出身。クラシックバレエとモダンダンスを学び、1974年から独自のダンス・身体表現を追究。1978年以降海外でも活躍。高い評価を得る。1985年山村へ移り住み、農業を礎とした舞踊活動を継続中。映画『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督、2002)以降、俳優としても活動。著書に『僕はずっと裸だった』(2011)、『意身伝心』(2013)など。フランス芸術文化勲章シュバリエ(1990)他受賞多数。

b_simple_130_0M.png




公演ちらし(クリックで拡大します)

flyer1.jpg flyer2.jpg

b_simple_130_0M.png